0
¥0

現在カート内に商品はございません。

会員登録でポイント3倍
イタリア、クラシック家具を中心に、高級輸入家具を直輸入販売。憧れの素敵な空間をご提案します。
11,000円以上で送料無料(北海道、沖縄、離島は除く)
電話注文OK! ご注文・お問合せ ダイヤル 075-691-8666 受付時間:10:00〜18:00 / 定休日:日曜日・祝日
輸入家具の専門店、アピタス:会員登録
リビング、キッチンに便利なウッドスツール アピタスのブログ アピタスのフェイスブック アピタスのインスタグラム


オシャレなアンティーク風家具 在庫限りを特別価格で!

インスタグラムで紹介した商品を集めてみました。

BLOG ブログ
  • 和室にも似合うゴブラン織りの椅子

    お出かけするのには気持ちのよい季節になってきましたね。もうすぐゴールデンウィーク!どんな風に過ごす予定ですか?私は今流行っているキャンプを始めようとコンロやメスティンを買ったので山や川へデイキャンプにでも出かけようと思います。ステイホームになるのでお部屋の模様替えをされる方も多いのではないでしょうか。和室にも似合いお部屋のアクセントになるゴブラン織りの椅子をちょっとご紹介。自分にあった椅子を探してみては如何でしょうか。スツールに小さな背もたれがついた可愛い椅子ローズ柄のゴブラン織りが華やかな背付きスツール。ヨーロピアンデザインの猫脚チェアは、見た目のデザインも可愛くインテリアのアクセントにもなりそう。コンパクトなサイズながら腰をしっかりと支えてくれる背もたれが付いているので、ゆったりと座れますよ。イタリア製のクラシックスツールは 厳選された素材を用い、高級感のある仕上がり。軽量で持ち運びも簡単なので玄関やベッドサイドなどで手軽にご使用できます。テーブルにセットしてティータイムを楽しんだり、ドレッサー用の椅子としても人気です。軽くて便利な玄関やリビングに使えるスツール和室にも似合いそうな落ち着きある色合いに花模様の生地が素敵なイタリアのスツール。イタリアのクラシック家具らしい猫脚や鋲打ちが素敵なスツールです。重さが軽く取り扱い易いイタイアのスツール。玄関で靴を履くときやキッチン、リビングの補助椅子にも最適。上品な花模様の張り地に高級感のある彫りがお部屋をヨーロピアンテイスト溢れる空間にしてくれます。お部屋に置いてあるだけで飾りにもなるおしゃれな椅子になります。自分専用の椅子に欲しくなる肘付チェアー上品な彫刻と猫脚が素敵な本格的なイタリア製アームチェア。サロンや寛ぎの椅子としておすすめの布張りチェアです。リビングや寝室で、サイドテーブルと一緒に自分だけの癒しの空間をつくることもできますよ。女性らしさたっぷりの花柄の生地は、耐久性のあるゴブラン織り。綺麗な柄はお部屋のアクセントにもなりますよ。アームが付いているので読書や映画鑑賞などゆっくりとお過ごしいただけます。ヨーロピアンテイストがお部屋をワンランク上の空間に演出してくれますよ。コンパクトなソファはマンションやサロンに使えるラブソファゴブラン織りの美しい張り地と上品な彫刻が素敵なイタリア製ラブソファ。気品あふれるデザインが空間をゴージャスに演出してくれます。リビング、寝室などでサイドテーブルと一緒に置いて、自分だけの癒しの空間をつくることもできますよ。コンパクトなソファはマンションやエントランスにもおすすめ。女性らしさたっぷりの花柄の生地は、耐久性のあるゴブラン織り。綺麗な柄はお部屋のアクセントにもなりますよ。アームが付いているので読書や映画鑑賞などゆっくりとお過ごしいただけます。ヨーロピアンテイストがお部屋をワンランク上の空間に演出してくれますよ。ご紹介した椅子達は同じ生地を使っているので、自分で好きに組み合わせてレイアウトできます!イタリア製ならではの豪華で華やかな雰囲気をお楽しみ下さい。

    もっと読む
  • 真鍮製ってどんな素材?特徴は?

    皆さん「真鍮」について詳しくご存じでしょうか?真鍮製品は意外と日常で使われているものがたくさんあります。例えば真鍮製のアクセサリーなどは使っている間にだんだんと色が変わってくる…などといったことを耳にされたことがあるかと思います。その辺も踏まえて詳しくご説明させていただきますね。先ず「真鍮」とはどんな金属なのでしょうか。「真鍮」は銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金の事を指します。それぞれの割合や与える熱によって色が変わるため、あらゆる色が存在します。亜鉛の含有量によって丹銅(亜鉛5~20%未満)・七三黄銅(亜鉛30%)・六四黄銅(亜鉛40%)と呼ばれます。亜鉛の含有量が少ないと赤味が強く軟らかく、亜鉛の含有量の多いと金色に近く硬いという特徴があります。英語表記ではbrass(ブラス)と呼ばれ、サックスやトランペットなどの管楽器に使われています。金管楽器のみの楽団を表す”ブラスバンド”という言葉は馴染み深いと思います。キラキラが素敵なロココスタイルの灰皿    フラワーモチーフのイタリア製卓上ベル犬モチーフ、真鍮リングホルダー    ネコモチーフ、真鍮リングホルダー◆「真鍮の特徴と魅力」●高い電気伝導性。銅の最大の特徴は高い電気伝導性です。銀に次いで導電性が高いため電気配線に使用されます。● 優れた熱間鍛造性。熱間鍛造加工とは、金属を真っ赤になるほど加工し、柔らかくした状態でプレス機によって圧力をかけ、金属成形する金属加工法のことを指します。真鍮はこの熱間鍛造性が優れているため、加熱することによって様々な形に加工することが出来ます。● 優れた展延性。真鍮は展延性が優れています。そのため加工によって真鍮を広く伸ばしたり、細く伸ばしたりすることが出来ます。● 高い切削加工。真鍮には鉛やビスマスが含まれているため、被削性が高いです。そのため、切削加工が必要な時計、精密部品などに真鍮が使用されます。● 優れた耐食性。真鍮は耐食性に優れています。そのため他の金属が苦手とする金属に対しても良好な耐食性を持っています。ただし、その分硝酸や塩酸、硫酸には侵されることがあるので注意が必要です。真鍮製品の魅力、「経年変化」について。表面になんの塗装も施していない無垢(むく)なままのブラス製品は、はじめはきれいな金色に輝いていますが、だんだん時を重ねていくにつれてくすみはじめ、やがては緑青(ろくしょう)がが見られるほどに表情が変化していきます。「緑青」とは銅が酸化することによってさびが発生し、表面が青緑色になる現象のことを言います。真鍮が経年変化をする主な理由は空気中で酸化をすることや手垢によるものです。「経年変化」をすると味わいのあるアンティーク調の色味になるため、真鍮の経年変化が好きという方も非常に多いのです。無垢な素材だけに、水分や湿度には弱く変色してしまうことがありますが、水分や湿気が強い場所の近くには置かないようにしたり、専用のクリーナーなどで磨くことでまた元の輝きを取り戻すことができますよ。◆「真鍮とメッキの違いとは」メッキとは、金属(非金属の場合も)の表面に薄く別の金属をコーティングする表面処理のことで、ベースとなる金属の強度アップや錆・劣化の防止、装飾性の向上など様々な目的で行われます。真鍮自体は特にコーティングされていない金属なのでメッキ素材とは別物ですが、メッキ素材のベース(コーティングされる中身)に使われることは多いようです。例えばアクセサリーによく使われる「GP(ゴールドプレート、金メッキ)」は、真鍮やシルバーの表面を10Kや18Kで覆ったものが一般的です。馬が優雅なイタリア製のキーハンガー    3匹の鴨が並んだキーフック   馬の蹄鉄をデザインしたキーフック壁掛け4フックコートハンガー   真鍮ゴールドが素敵な壁掛けタオルハンガー(イタリア製)日本で真鍮が用いられるようになったのは江戸時代中期以降といわれています。そのくらい古くから身近な金属として親しまれてきました。実は、私たちが日常で使っている5円玉にも使われているんですよ。さらには仏具やお寺の装飾にも多く使用されています。また熱伝導率が高いという特徴から、コンセントの内部素材としても使われています。◆「真鍮製品のお手入れ方法」特別なお手入れ:真鍮の黒ずみ・錆・緑青を取り除く真鍮の黒ずみが濃くなり過ぎてしまったり、錆びてしまったりした場合は、様々な方法で真鍮を磨くことで元の輝きや色味を取り戻すことができます。市販の金属磨きクロスや液状金属磨きを使って磨くと手軽にガンコな錆・緑青・しつこい黒ずみもかなり薄く落とすことができます。またお家にあるもので手軽にできるお手入れ方法もございます。使うのは、黒ずみや汚れのついた五円玉。いきなり試すのは怖いと思う方も、まずはお手持ちの五円玉でお試ししてみるのが良いかもしれません。シミ抜きや毛穴汚れの除去、カビ取りなど用途が豊富で、万能アイテムとしていまやお掃除道具の定番となった「重曹」。実は、真鍮製品のお手入れにも使えるんです。重曹で真鍮を磨く一般的な方法は、重曹と水を2:1の比率で混ぜ合わせてペーストのような状態にし、それを付けた布や指で優しくこすります。黒ずみが濃い部分や凹凸部分を綺麗にしたい場合は、綿棒や歯ブラシなどを使うといいようです。いずれの方法でも傷をつけないよう、優しく磨くようにしましょう。正しくお手入れをして、一生もののアイテムとしてお楽しみください。真鍮は経年変化したアンティークな風合いを楽しむもよし、黒ずみが気になったらお手入れで新品のように戻して、また一から育てるもよし、ぜひ空間に合わせてお好みの質感を楽しんでみてくださいね。

    もっと読む
  • 意外に知らない⁉インテリアの意味とは…

    「インテリア」という言葉の意味は、わかるようで良くわからないという方も多いのではないでしょうか。簡単に言うと、家具や雑貨といった部屋の空間をデザインする内装の事を「インテリア」と呼びます。「インテリア」は室内、つまり家の中を彩るものという意味となります。英語である「interior」という単語を調べてみると、本来「内面」という広い意味であることが分かります。余計に分かりにくくなってしまいましたね…。英語由来の言葉である「インテリア」は日本語として使われる時にはニュアンスが変わります。日本での使い方は?というとまず思いつくものではインテリアコーディネートなどの建築のデザインや飾り付けを差す場合が多いです。このことから主にカタカナで表記されるときは具体的には室内の家具や雑貨(の配置に工夫して見栄えをよくする)と考えてもいいでしょう。「家具」と「インテリア」どちらもよく使われる言葉ですが、どういった違いがあるのかというと、みなさんよくわからないのが現状ではないでしょうか?おきまりではありますが、広辞苑を利用して言葉を調べてみると、【家具】日常の衣食住のための道具類。たんす・机・いすなど。【インテリア】(内部の意)室内装飾。室内調度品。となっております。簡単に言うと「インテリア」は室内、つまり家の中を彩るものという意味となります。家具=室内を彩るものでもありますので、家具はインテリアというカテゴリーに含まれる一種の道具類という分類ができるかと思います。インテリアには他にも花瓶や壁紙、絵画なども含まれます。デザイン性の高い家具などには特に「インテリア」という表現が使われます。また、部屋をコーディネートしておしゃれなデザインを重視して選んだ家電製品もインテリアに含まれる場合がありますよ。インテリアコーディネートとは?ズバリ!室内空間をデザインすることです。カラーを揃えたり反対色や差し色を使ってみたり、家具のテイストを揃えたり…。それだけでなく棚に雑貨類を飾ったりとトータルでおしゃれな空間づくりをすることです。おしゃれな部屋を実現するために必要なものとは何でしょう。レイアウト、雰囲気作り、家具選び、雑貨や小物の配置…。あれこれ考えると難しそうですが、インテリアコーディネートの基本となるコツやポイントをおさえれば、お家に理想のインテリアが実現しますよ。       アンティーク風のゴールドフレームがおしゃれなサイドテーブルインテリアコーディネートの基本ポイントは、まずお部屋全体の方向性となる「コンセプト」を決めること。コンセプトがぐらついて、アレもコレもと目移りすると、まとまりのないインテリアになってしまいます。大まかな傾向として、モダン・シンプル・アンティーク・クラシカル・ナチュラルなどいくつかのスタイルがあります。自分と家族のライフスタルや好きなテイストに合わせて決めましょう。そしてカラー選びも大切なポイントです!1. 選ぶ色は3色まで2. トーンで強弱をつける3. 差し色で遊ぶなどがあります。そして最後に、お部屋に「フォーカルポイント」を作ることです。フォーカルポイントとは「注視点」。ある空間に入った時、パッと見た瞬間に思わず目がいく場所のことです。フォーカルポイントをつくる時の注意点は、ポイントを曖昧(あいまい)にしないことです。フォーカルポイントにしやすいモノとしては、観葉植物、絵画、特におすすめが鏡です。視覚効果が楽しめるうえ、お部屋が広く感じられるメリットがありますよ。例えば壁に絵を掛ける場合でも、小さな絵をいくつも掛けるのではなく、大きな絵を1枚掛けること。そして、それ以外の装飾はできるだけ抑えて、人の目を集中させます。それによりお部屋の広さや奥行きにゆとりが感じられます。自分がゲストになったつもりでお部屋のどこに視線を持っていきたいかをチェックしてみるのもいいですね。重厚感のあるデコラティブな壁掛けミラーインテリアの具体的な方向性を上げてみると、①癒やされるインテリア。建築だけでなく室内をコーディネートするのにはまず癒やし空間を作るという目的があります。多くの人が勉強したり仕事をするため外出し疲れて帰宅します。そこにいると疲れもほぐれる癒やされる空間であることが部屋の内装の大きなポイントとなるでしょう。その人が落ち着く好きな色で揃えたり、目が休まるようなグリーンをたくさん配置してみたりというのがこの癒やされる系の大きな特徴です。②元気になれるインテリア。今度は室内空間から元気をもらいましょう。これもインテリアの大きな役割りです。元気を求めるなら明るい色使いがおすすめ!③やる気アップインテリア。物がたくさんあることで集中力が分散してしまうというのはよくいわれることです。必要最低限のものを癒やされる落ち着いた色合いで揃えることでやる気が出るのでぜひお試しください!少しくらい疲れていても、その場の雰囲気で動けてしまえたりしますよね。家電がインテリアだったりそうでなかったりと曖昧なのもこの言葉が概念としての捉え方をされているという証拠でしょう。それはそこに暮らす人の好みであったり、大げさにいうと心の余裕によっても左右されます。自分や家族が過ごしやすくするための内装の工夫。置き方や色を選び組み合わせることで、おしゃれで居心地のよいお部屋が作れますよ。

    もっと読む
  • ちょっとした変化を楽しむ『簡単プチ模様替え』!!

    3月も半分が過ぎ、日中の気温も春を感じる心地よい暖かさになってきました♫冬から春へ季節が変わってくると、お家のインテリアも少しずつ春仕様へと変えたくなってきますよね!でも、一度にインテリアを模様替えするのはなかなかハードルが高いものです。大きな家具を移動させるのも大変ですし、インテリアを買い替えるにはまとまったお金も必要です。そんな時にぜひ試してほしいのが「プチ模様替え」です!お家の中にあるアイテムを活用したり、新たに一つだけアイテムを増やしたり、ちょっとした雑貨を取り替えるだけでも雰囲気が大きく変わって来ます。「プチ模様替え」とは、簡単に気分を変えられてお部屋を快適に変身させる方法です。白馬を描いたモダンなアートフレーム「プチ模様替え」でお部屋のイメージを変えるアイディアはたくさんあります。ちょっとした模様替えでお部屋の雰囲気が変わると、気分も上がりますよね。日々の暮らしでふと気づいたアイディアを試すのは、気分転換にぴったり!良いと思ったら気軽に試し、居心地良いお部屋を作れたら毎日が楽しくなりそうですね。お家の中でメインで過ごす場所と言えばリビングです。リビングにはソファやテーブル、テレビ台など大きめの家具が多く、簡単に動かしたり買い換えたりは難しいです。シンプルなデザインの丸形掛け時計そんなとき、まず試して頂きたいのは時計です。家族の誰もが必ず時間を確認するために目にするものなので、お部屋の模様替え効果も期待できますよね。明るいお部屋にするなら色彩豊かなものを、シックな空間にしたいならモノトーン、デコラティブな時計ならインテリアがさらに明るく華やかになりますよ。ファブリックアイテムは模様替えしやすいアイテムの一つですが、ソファカバーを変えたり、カーテンを変えるとなると結構大変なものです。そんな時は手軽にクッションを変えてみるのはいかがでしょうか。春夏シーズンはパステルカラーの明るめのものに変えてみるといつものリラックススペースが季節感のある仕上がりに変化します。雑貨やグリーン、アクセサリーなどのディスプレイに欠かせないトレイもインテリアの大事な一員です。春夏らしいいカラーの雑貨や、季節のお花などをトレイに飾ってディスプレイするだけでも、お部屋の一角に季節感を感じることができます。また、お部屋の面積を多く占める壁を工夫すれば、かなりのイメージチェンジがはかれる模様替えになります。ただ面積の大きい場所だからこそ、手軽に模様替えができればうれしいですよね。その一つに、壁のアートをその季節に応じたものに変えていく方法は取り入れやすいのではないでしょうか。工夫次第でさらにお部屋を洗練された印象に変えることができますよ。脚付きのおしゃれなフラワーベース季節のお花やグリーンを飾るフラワーベースも、できれば季節ごとにプチ模様替えとして変えておきたいアイテムです。食卓や玄関など、店頭による破損が心配な場合小さな一輪挿しなど、背の低いを使うのがおすすめ。ちょっとしたお花を飾ってテーブルや玄関に生き生きととした印象をプラスすることができますよ。簡単模様替えテクニックでお部屋をちょっと素敵に気分転換!現在、お部屋に配置されている家具たちを少しだけ動かしてみるということです。家具の配置が使いづらい、部屋のインテリアがいまいちしっくりこない…でも、ついついそのままで過ごしていませんか?新しいものを足すのではなく、すでに置いてあるものの向きを変えたり、置く場所を変えてみたり、少し変えるだけで使い勝手も見た目も変わります。まずはテーブルの向きを変えてみましょう。テーブルに座った時に見える景色や、テーブル全体の見え方が変わることによって空間の印象が変わります。窓の外が見える配置に変えるのもおすすめ。お食事をするときの気分が変わり、明るい気分になりますよ。次にソファの位置を変えてみましょう。リビングダイニングがあるお部屋の場合、ダイニングスペースが見える場所に配置することで一体感を感じられる荷がメリット。くつろぎながら家族とコミュニケーションをとることができます。逆にダイニングに背を向ける配置は、ソファに座った時ゆったり何かに集中したりリラックスしたりすることができます。ソファの位置や向きを変えるだけで、より心地よい空間を作ることができます。もっと簡単な方法は、いつもお家でリラックスしている場所に視線を遮るものを置いてみましょう。パーテーションなどはさっと置くだけで一瞬にしてお部屋を間仕切ることが可能です。また背の高いフロアスタンドや観葉植物などを利用して空間を間仕切るというのもお洒落ですね。これだけで意外と気分が変わります。明かりも部屋の印象を左右する重要な要素です。部屋に置いてある照明の位置を変えてみたり、各お部屋に取り付けている照明を入れ替えてみるとかなり印象が変わります。また、見た目にもおしゃれなテーブルランプを一つ買い足してみるのもいいですね。サイドテーブルやチェストなどに置いてインテリアとしても楽しめますし、お部屋全体を照らす明かりを落として、テーブルランプだけの柔らかで優しい明かりに癒されるのもおすすめです。毎日何気なく当たり前に目に入っているものを少し変化させるだけで自然とリフレッシュすることができますよ♫

    もっと読む

アピタスで人気のクラシカルな輸入家具ベスト10

インテリアには欠かせない小物や雑貨たち…人気ベスト10

ヨーロッパのデザイン王国イタリアから、アピタスが直輸入したクラシック家具

人気NO1のナイトテーブル
お部屋を素敵に彩るなら最初は真鍮。小物や雑貨を集めました
お部屋を素敵に彩るなら最初は真鍮。小物や雑貨を集めました
アンティーク仕上げのアイアンと木の組み合わせが素敵な家具
アンティーク仕上げのアイアンと木の組み合わせが素敵な家具

本場スペイン製のアヒージョ用耐熱土鍋カスエラ
本場スペイン製のアヒージョ用耐熱土鍋カスエラ
スペインのバレンシアで生産されたパエリア専用フライパン
スペインのバレンシアで生産されたパエリア専用フライパン

RECOMMEND おすすめ商品

カテゴリ一覧

ページトップへ